笑顔の医者

気分が落ち込む

袋小路

症状について

「うつ病」と言う言葉を多く耳にします。うつ病になってしまうと心も身体も疲れてしまう傾向にあります。少し嫌なことがあっただけですぐに落ち込んでしまう事が特徴的です。しかし、生活をしていると多くの方が落ち込むことがあります。ほとんどの人は、楽しいことを思い出したり、趣味を見つけたりすることで元気になることが出来ます。その場合は、うつ病とは言いません。うつ病になると2週間以上気分が下がり、楽しいことも楽しいと感じなくなってしまうのです。気分が落ち込むだけでなく、食欲の減少や睡眠をとることが出来ないなど様々な症状があるのです。こういう症状が続くと、体調不良になってしまう為、通常通りに生活をすることが出来ないということになってきます。

可能性がある

うつ病に私はならない。と思っている方もいますが、いつ自分がうつ病になるかは誰にも分かりません。現に、日本人の13人中1人が、うつ病になっているのです。20歳以上のうつ病患者は多くいます。仕事のストレスや人間関係で悩んでいる方が増加しているからでしょう。日本だけでなく、世界でも多くの方がうつ病と診断をされています。生きている限り人間関係を辞めるということは出来ません。自分が苦手と感じている人とも関わらなければならないこともあるのです。もし、自分がうつ病と思った場合は精神科などの専門家へ受診をしてもらうと良いでしょう。また、周りにうつ病の方がいる場合はサポートをしてあげることが大事だと言えるでしょう。側にいるだけでうつ病の方は救われるのです。うつ病に対して理解をする心がけをしましょう。

うつ病で悩む人が増えています

現代社会は、ストレスが多い社会で、うつ病の患者数も増えています。 うつ病の歴史は長く、古代ギリシャの医学者であったヒポクラテスの四体液説で、すでに憂鬱な症状の説明がされています。 この説では、人間は血液など4体液からできており、そのバランスが崩れると病気になり、4体液の中の黒胆汁が多い人が憂鬱な気分になりやすいと言われています。 うつ病などの精神的な病気は、最初はヨーロッパで研究されていましたが、次第に世界中で行われるようになります。 しかし、未だにうつ病の原因は明らかになっていないのです。 しかし、現代の精神神経医学は、昔の危険な精神医療と比べると、飛躍的に発展していますし、薬物療法も様々なものが出てきています。

焦らないことが大切です

うつ病は、自分で気持ちのコントロールができずに、生活に支障が出てしまう病気です。 うつ病には、鬱病性障害という、鬱状態が続く気分障害と、双極性障害という、鬱状態と躁状態をくり返す気分障害があります。 鬱病性障害は、症状が出ている期間や症状の程度によって、気分変調性障害と大鬱病性障害に分かれます。一般的にうつ病と呼ばれているのは、この大鬱病性障害のことです。 双極性障害は、一般的に躁鬱病と呼ばれ、抑鬱状態が続いたかと思うと、急に気分が明るくなる躁状態になります。 また、抑鬱状態であるのに、典型的な鬱の症状が出ないものは、非定型鬱病と呼ばれていて、最近は、非定型鬱病の若者が増えています。 今後も、うつ病の患者数が大幅に減少する可能性は少ないと考えられていますが、精神医学の進歩によって、様々な角度から新しい治療法が行われています。 うつ病になった場合、焦らずに時間をかけて治療することが大事で、そのためには家族など周りの人々の理解も必要です。

チェックをする

カウンセリング

うつ病の症状を知ることで、自分がうつ病なのかをセルフチェックすることが可能になります。どういった症状があるのか知りましょう。精神的な症状と身体的症状があります。

» 詳細を確認する

性格や環境

医者と患者

なぜうつ病になるのか原因を知ることが大事です。環境や体質など様々な理由が挙げられます。また、うつ病になりやすい性格もあります。自分が当てはまるか確認をしてみると良いでしょう。

» 詳細を確認する

治療方法について

医者の手

うつ病は専門医で治療を進めることが出来ます。医師の診断を受けて薬を処方してもらいます。症状に合わせて薬の処方量を調整します。うつ病になった場合は休養をした方が良いでしょう。

» 詳細を確認する

Copyright(c) 2015 うつ病について知っておくと、自分も周りの人も安心です . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com