看護師

チェックをする

カウンセリング

精神的な症状

眠ることが出来ない。食欲がないということは誰でも一度は味わったことがあるでしょう。しかし、翌日には元通り元気になっていることが多いです。その場合、うつ病ではありません。うつ病は、精神面と身体面の両方に症状が現れます。気持ちや行動が今までとは変わってきます。好きなものが好きでなくなる、仕事に集中出来なくなる、意欲の減少などがあります。また、死にたいという気持ちが強くなってきます。このような症状が精神的な症状となります。

身体的な症状

身体的な症状だと睡眠をとることが出来ない、摂食障害、性欲が湧かないなどの症状があります。食欲がないということは、日常生活の中でも時々ありますが、2週間以上も続くということはなかなかありません。また、性欲は人間が持っている自然の欲求です。今まであった性欲がなくなるということは、うつ病である可能性が高いでしょう。うつ病になると深い睡眠をとることができず、朝はすぐに目が覚めてしまいます。疲れをとることができず、毎日疲労感を味わうでしょう。肩こりや重い頭痛などの症状も出てきて今までの自分とは違うと実感をします。

医師の判断

人と会話をしても楽しむことができずに、会話に集中をすることが出来ないなどの問題が起きます。人間関係を悪化させてしますことがあるのです。人生が楽しくなくなり生きている意味が分からないなど非常にネガティブになってしまいます。上記のような症状が長い間続いている場合は、一度医師に診察をしてもらうことでうつ病か判断をしてもらうことが可能です。もし、うつ病だった場合は医師をどういう風に治療を進めていくのか話し合うことが出来ます。

うつ病は難しい病気です

現代のようなストレス社会の場合、うつ病を発症する人は増えています。ストレスを感じる事象は人それぞれですが、学校や会社といった日常生活のストレスで発症することが多く、一度発症してしまうと完治は難しく、うつ病といかに上手くつきあっていくかが鍵になります。 本人以外には理解しずらい病気であり、うつ病の診断もいろいろと研究されています。これまでは、問診と話を聞いて判断していましたが、脳波をとって診断する新たな試みも実施されています。うつ病にもタイプがあり、仮面うつ病、非定型うつ病、退行期うつ病などがあり、タイプによって治療も違ってくるため、期待されている診断です。怪我などの目に見える傷ではないため、このような可視化できる診断方法は、今後も研究されていくでしょう。

がんばってはNGワードです

うつ病の方と接する場合、いくつかのNGワードがあると言われています。最も言ってしまいそうで、NGワードとして有名なのが、がんばってという言葉です。本人も、どうしていいかわからない状況で、かつ、一生懸命頑張っている状況に対し、がんばってという言葉は重しのしかかり、症状がさらに悪化すると言われています。 このように、うつ病の経験のない方にとっては、非常に理解しずらい病気ですので、しばしば誤解を招く場合もあります。 学校や会社に行くことができなくなり、自宅待機しているような場合は、怠けているのではなきか、わがままなのではないかと思われることも少なくありません。家族がうつ病の症状を発症した場合は、専門家にお任せし、勝手な判断をしないことが大切です。

Copyright(c) 2015 うつ病について知っておくと、自分も周りの人も安心です . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com