看護師

性格や環境

医者と患者

明確な理由

学校や仕事などあらゆる環境で人と関わり、人間関係を築いています。しかし、それが自分には合わない環境だと学校や職場へ行くことが嫌になってしまうということが起こります。多少は我慢出来るものですが、だんだん我慢が限界に近づくと不登校や辞職の原因となってしまうでしょう。これがうつ病です。うつ病になる理由は様々ですが、確信的な理由はまだ判明されておらず研究段階の途中です。しかし、環境や性格などが原因で起きると言われています。人間には神経細胞があり、神経細胞があるおかげで多くの情報をまとめることができ、伝達をすることが出来るのです。ストレスが溜ってしまう、神経細胞が上手く働くことができず、セロトニンやノルアドレナリンの働きが低下するのです。この、セロトニンやノルアドレナリンとは意欲や気分を整えてくれる物質です。働きが衰えてしまうと感情の上がり下がりが激しくなり、感情を取り乱してしまうということが起きるのです。

きっかけについて

責任感があり、仕事熱心、完璧主義など真面目な方や、明るいが寂しがり屋などの方がうつ病になりやすいと言われています。自分がそういった性格と思っている方は注意をした方が良いでしょう。また、うつ病になってしまう原因も知っておくと良いでしょう。原因は男性と女性で異なってきます。男性の場合は、仕事の疲れや精神的な問題、近親者が亡くなるなどが原因で起きます。女性の場合は妊娠や出産、生理、疾患、近親者の死亡などが原因として挙げることが出来ます。うつ病は体験をしない限り、どれほど辛い病気か知ることは出来ません。しかし、症状が出ないように過ごしていくことが大切です。

うつ病は誰もがなる可能性があります

うつ病は、気分が落ち込む状態が毎日、長期に渡って続く病気です。体がだるくてやる気が起きない、何をしても楽しくない、食欲がなくなるなど、さまざまな症状があります。 うつ病は、特別な病気ではなく、誰もがなる可能性があります。うつ病になるきっかけは人によって異なります。環境の変化やストレスなどもよく原因となります。誰でも気分が落ち込んだり、悩むことがありますが、それが長期間続く場合には、うつ病の可能性があります。 また、体がだるくて動けないという症状が、周りの人には怠けているように見えたりします。このように、なかなか周りや本人がうつ病になっていることに気がつかず、症状が重くなってしまうケースも少なくありません。少しでもおかしいと思ったら、医療機関を受診することが大切です。

医療機関で治療できます

うつ病は誰もがなる可能性がありますが、うつ病になりやすい性格というものがあります。生真面目、責任感が強い、几帳面などの性格の人は、かかりやすいと言われています。また、ストレスを上手く発散できない人なども、うつ病になりやすいようです。 治療法は、カウンセリングなどの心理療法と薬による治療が行われます。現在では、効果の高い、いろいろな薬があります。 うつ病かもしれないと思ったら、心療内科や神経科、精神科などの標榜がある医療機関を受診します。かかりつけの医師がいれば、まずその医師に相談して、適切な医療機関を紹介してもらうこともできます。うつ病の治療を積極的に行っている医療機関の情報などは、インターネットで調べることができます。

Copyright(c) 2015 うつ病について知っておくと、自分も周りの人も安心です . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com